メタルマッスルHMBの副作用に注意!

メタルマッスルHMBに副作用は?|危険な要素はないのか?

メタルマッスルHMBに副作用は?|危険な要素はないのか?

 

メタルマッスル

 

メタルマッスルHMBの副作用について解説していきます。

 

 

副作用とは、医薬品における効果に対し、期待する効果とは別に発症する効果のことをいいます。
(参照:wikipedia「副作用」)

 

 

副作用には良い副作用と悪い副作用がありますが、そもそも医薬品にしか発生せず、それらが発生しないものが食品として扱われています。

 

 

メタルマッスルHMBなどの筋肉サプリメントは食品であるため、メーカーが指定する推奨量を守っている限り体調を崩すことはありません。

 

 

メタルマッスルの副作用について気を付けておくべきこと

 

筋トレをして筋肉を大きくしたいと考えると、サプリメントを推奨量以上飲んで筋肉量アップを加速させたいと考える人がいます。

 

 

しかしサプリメントを推奨量以上に飲んでも大して効果が変わらないばかりか、思わぬ体調不良も引き起こす可能性がありますので気をつけましょう。

 

 

頭痛やめまいが発生することはありませんが、サプリメントを過剰摂取することにより肝臓には間違いなく負担がかかります。

 

 

HMBの効果について

 

HMBは1日1.5g〜3gを摂取できれば効果が見込めます。3g以上を飲んでも効果に違いは出ないため、3g以上飲むことに意味はありません。

 

 

メタルマッスルHMBにおけるHMB3g相当量が推奨最大量の10粒となります。HMBを過剰摂取しても副作用は特段発生しません。

 

 

クレアチンの副作用について

 

メタルマッスルHMBのいわゆる副作用といえば、クレアチンがもとで発生する可能性があります。

 

 

まず初めに言っておきたいのは、適切な量を飲んでいれば5年程度連続摂取していても安全である、ということです。

 

 

その上でクレアチンを大量に長期間摂取した場合の副作用について記載していきます。

 

クレアチンを大量に長期間飲んだ場合の副作用

  1. クレアチンを飲んだ運動選手の25%が筋肉のけいれんを起こしたことがある。
  2.  

  3. 臨床試験で胃腸の痛み、下痢、吐き気が出ることがわかっている。
  4.  

  5. 高熱不耐症や発熱、脱水症、血液量の低下、電解質平衡異常が発生する可能性がある。

 

これらの副作用は1日5g(5,000r)ものクレアチンを3〜6ヶ月以上飲み続けた結果おこるものであり、メタルマッスルHMBは1日当たり全体で2,400r(6粒)〜4,000r(10粒)、HMBが1,600r〜2,600rですから、クレアチンについては800r〜1,400r以内であることからも1日の摂取量を守っていれば安心して飲むことができるということがわかりますね。

 

 

クレアチンを飲まないほうが良い人

 

クレアチンは腎機能にも影響を負担をかけるため、腎疾患の既往症がある人、糖尿病患者など、腎機能不全のリスクが高い人は、メタルマッスルHMBは飲まずに、クレアチンを配合していないビルドマッスルHMBというサプリメントを飲むことをおすすめします。

 

ビルドマッスル

 

ビルドマッスルHMBの詳細はこちら

 

 

ビルドマッスルよりメタルマッスルのほうがHMBの配合量も多く、ビルドマッスルがクレアチンを配合していない一方で、メタルマッスルがクレアチンを配合しています。

 

 

HMBとクレアチンを同時に摂取すると筋肥大のペースを飛躍的に高めることができますので、腎機能に不安のある人以外はメタルマッスルHMBを購入して飲んでみるとよいでしょう。

 

 

 

メタルマッスル公式通販へ

 

 

 

関連ページ

メタルマッスルHMBとプロテインってどっちがおすすめ?

 

メタルマッスルHMBを店頭・店舗で購入したい方はコチラ

 

メタルマッスルHMBを最安値で購入するならこちら

 

メタルマッスルHMBとビルドマッスルHMBはどっちがすごい?

 

筋トレに合う高たんぱく低カロリーの食材、レシピをご紹介

 

 

 

 

メタルマッスルHMBの口コミトップへ

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ