メタルマッスルHMBとビルドマッスルHMBを比較

メタルマッスルHMBとビルドマッスルHMBはどっちがすごい?

メタルマッスルHMBとビルドマッスルHMBはどっちがすごい?

 

ビルドマッスル対メタルマッスル

 

筋肉サプリとして有名なビルドマッスルHMBとガクト愛用のサプリとして話題を呼んでいるメタルマッスルHMBはどちらがすごいか比較していきます。

 

配合成分について

 

ビルドマッスルHMBとメタルマッスルHMBに配合されている成分について比較してみます。

 

 

ビルドマッスルHMB

メタルマッスルHMB

成分

カルシウムHMB、トンカットアリ抽出物、コロハ種子抽出物、シナモン樹皮抽出物、結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、L-イソロイシン、L-グルタミン、L-バリン、L-ロイシン  HMBカルシウム、デンプン、L-オルニチン、クレアチン、コエンザイムQ10、黒胡椒エキス末、黒生姜エキス末、シナモンエキス末、トンカットアリエキス末、フェヌグリーク種子エキス末、赤ブドウ発酵エキス末、ヒドロキシプロビルセルロース、セルロース、ステアリン酸カルシウム、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-グルタミン、L-バリン、ビタミンE

HMB量

1,500mg / 日

1,600mg / 日

成分量

30日分60g(2g / 1日)

30日分72g(2.4g / 1日)

 

HMB主体のサプリメントとして、メタルマッスルHMBはビルドマッスルHMBより多くのHMBを配合しているため、メタルマッスルHMBはビルドマッスルHMBよりおすすめできるサプリメントです。

 

 

全体量についても、メタルマッスルHMBのほうがビルドマッスルHMBの1.2倍の配合量のため、メタルマッスルのほうがよさそうですね。

 

 

しかしメタルマッスルの成分数が非常に多いため、1つ1つの成分の配合量がビルドマッスルよりも少ない可能性があること、また成分表示のルールから、メタルマッスルHMBの成分表示の2番目に筋力アップに全く関係のない「デンプン」が記載してあります。

 

 

筋肉サプリにデンプンを配合する意図は全くなく、仮に単なる分量を多く見せるためだけにやっているのだとすると、商品自体の信頼性がなくなります。

 

 

一方でメタルマッスルHMBにはHMBが1,600r配合されているのは間違いなく、HMBはクレアチンと同時に摂取するとHMBもしくはクレアチン単体で摂取するよりもはるかに高い効果を発揮するため、

 

 

クレアチンを配合していないビルドマッスルHMBよりもクレアチンを配合しているメタルマッスルHMBを選ぶほうが筋肉アップに良いということもできます。

 

 

次に価格などの購入条件を比較してみましょう。

 

 

価格など購入条件

 

  ビルドマッスルHMB メタルマッスルHMB
定価 7,900円 8,640円
定期購入コース 12,350円 / 3回 19,940円 / 4回
定期コース月あたりコスパ 4,116円 / 月 4,985円 / 月
保証など 90日間返金保証 30日間返金保証

 

購入条件をチェックしてみると、ビルドマッスルの方が以下の理由で良心的です。

 

  • 最低3回継続でOK
  • 月当たりのコスパが良い
  • 継続必須期間への返金保証がある

 

まとめ

 

主成分を比較するとメタルマッスルの方が効果が出やすいと考えられる一方で、配合成分を細かく見ると若干ごまかしている可能性があること、また購入に関しても良心的な価格体系を用意していないため、メタルマッスルには若干の不安が残ります。

 

 

少なくとも両者にはHMBが配合されているわけですので、思い切ってメタルマッスルを購入するか、効果がなかった時のためにビルドマッスルを購入するか、よくよく考えて購入するのが良いでしょう。

 

 

 

ビルドマッスルHMB

 

メタルマッスルHMB

 

 

 

関連ページ

筋肉サプリ徹底比較|筋トレにオススメのサプリはこれだ!

 

メタルマッスルHMBに副作用は?|危険な要素はないのか?

 

メタルマッスルHMBの返金保証制度について

 

メタルマッスルHMBをアマゾンで買う前に見るマル得情報はこちら

 

女性が自宅で簡単にできる筋トレメニュー【ダイエット決定版】

 

 

 

 

メタルマッスルHMBの口コミトップへ

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ